八幡クリニック 八幡クリニック
ホームへ
ごあいさつ 皮膚科光線療法について 白斑でお悩みの方 乾癬でお悩みの方 水虫でお悩みの方 にきびでお悩みの方 アンチエイジングについて 内科・小児科のご案内 診療所のご案内 ブログ
乾癬でお悩みの方
乾癬は皮膚が赤く盛り上がり、その上に乾燥した白い鱗屑が厚く付着し、少しずつはがれ落ちていく難治性の皮膚病です。
乾癬には「尋常性乾癬」「膿疱性乾癬」「滴状乾癬」「乾癬性紅皮症」「関節症性乾癬」「掌蹠膿疱症」といった様々なタイプがあります。
症状としては良い時、悪い時が繰り返されるので非常に経過が長く、引っかいてしまった場合には再度同じ場所に皮膚症状が現れてきます。 乾癬の起こる原因は遺伝性や免疫が関係しているとも言われています。
ウイルスや細菌ではないので、他人にうつる心配はありませんが、日本人の3〜4%の割合で乾癬に発症するともされています。
未だに根本的治療法がないと言われる中、当診療所でも行う皮膚科光線療法(ナローバンドUVB療法・メル療法)は、乾癬に有効な治療法として国内外の学会や文献などで発表されています。

乾癬を分類すると尋常性乾癬が多いのですが、病変部に膿疱(うみ)を持つ膿疱症乾癬という乾癬もあります。この膿疱症乾癬は、汎発性と限局性とに分類され、後者の限局型膿疱症乾癬の代表として、掌蹠膿疱症 が上げられます。手掌、足底に生じる無菌性の膿疱を主とする慢性の皮膚疾患です。ただ掌蹠膿疱症は独立疾患で乾癬の分類の中に入れないといわれる学者もいます。
我々は難治性のこの掌蹠膿疱症に、メル療法を行い3例に有効であったことを”乾癬学会”で報告しました。最近さらに2例有効であったことも確認しました。このメル療法は、エキシマレーザーより範囲が広い病変部にも応用でき、安全性の高いターゲット光療法と考えています。

なお現在広範囲の尋常性乾癬も一部ずつこのメル療法を行うと、しているので、時間はかかりますが、他の皮膚科光線療法では治らない乾癬の方もこのメル療法は試みても良い療法だと考えます。
以下に乾癬に対して皮膚科光線療法によって効果が現れた患者さんの一部を紹介します。
■62歳 女性 (掌蹠膿疱症) ○メル療法
 
 
治療前   光線治療後(治療途中)
■70歳 男性 ○ナローバンドUVB療法+一部メル療法
 
 
治療前   光線治療後(治療途中)
■28歳 男性 ○ナローバンドUVB療法
 
 
治療前   光線治療後(治療途中)
上記の3例では、皮膚科光線療法(メル療法・ナローバンドUVB療法)によって乾癬の白い鱗屑が消え、皮膚の赤みが殆ど見られなくなるまでに至っています。
ただ、乾癬は治りにくい病気のため、上記の患者さんのように至るまでには、ある程度継続して治療を受けていただくことが大切です。
白斑・乾癬サポートブログ【乾癬についてお悩みの方】
白斑・乾癬治療について、克服に向けて
ページトップへ
お問い合わせは「052-361-0577」まで
八幡クリニック
TEL:052-361-0577 地図を確認する
FAX:052-361-5050
〒454-0031
愛知県名古屋市中川区八幡本通2-24

Copyright(c)2006 Yahata clinic All Rights Reserved.