八幡クリニック 八幡クリニック
ホームへ
ごあいさつ 皮膚科光線療法について 白斑・乾癬でお悩みの方 水虫でお悩みの方 にきびでお悩みの方 アンチエイジングについて 内科・小児科のご案内 診療所のご案内 ブログ
 ごあいさつ 白斑・乾癬治療について、克服に向けて
ごあいさつ
新宿皮フ科・日本白斑センター
院長 榎並寿男  
日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
所属学会
・日本皮膚科学学会
・日本臨床皮膚科学会
・日本光医学・光生物学会
・日本乾癬学会
・日本色素細胞学会
名古屋市立大学 医学部 大学院卒
医学博士(昭和52年)
名古屋市立大学 医学部 非常勤講師
 
  新宿皮フ科・日本白斑センターのホームページにアクセスいただき有難うございます。

まずはじめに、私は、三重県北部・桑員地方の医療の充実・発展に貢献していきたいと、昭和54年、三重県員弁郡東員町、西桑名ネオポリス団地に皮膚科を中心としてネオポリス診療所を開設いたしました。
おかげさまで、20年以上にわたり地元の東員町、いなべ市をはじめ桑名・四日市方面からも多数の患者さんにお見えいただいております。

三重県はもとより全国的に先駆けて皮膚科光線療法(ナローバンドUVB療法・エキシマライト療法・クリア療法)を行っております。(詳細は「皮膚科光線療法について」のページをご覧下さい)
これらの皮膚科光線療法は皮膚科でも難治性とされている、白斑・乾癬・アトピー性皮膚炎・瘡(ニキビ)などに有効で、大学病院などの総合病院で治らなかった患者さんが当診療所で効果が現れたケースが多々あります。そのような症例は、全国の学会や専門誌へ積極的に発表を行い意見交換したりすることで、さらなる治療の発展へと繋げています。(学会などの詳細は『白斑・乾癬サポートブログ』をご覧ください。)

さて、ネオポリス診療所開設から20余年の間、関連病院・施設として桑名市大山田団地に「大山田診療所」、名張市桔梗が丘に「桔梗皮膚・内科」、名古屋市中川区に「八幡クリニック」、そして、いなべ市大安町に「グループホーム・デイサービス若返り」を併設することができました。

さらに関東圏(主として東京)から多数のネットの問い合わせ、要望があり東京に市ヶ谷皮フ科・日本白斑センターを設立し、治療しようと考えました。
光医学・光生物学は急速に進み、かつては不治の病とされていた白斑でさえも70〜80%は治る時代になってきました。私は常に白斑の患者さんの味方で、患者さんから白斑先生と云われるようになりました。また私自身、白斑の患者さんと知り合いになれて、一緒に白斑という厄介な病をやっつけるという目標を持ち、燃えています。
私は、日本白斑センター長として白斑の光線治療に熱意を注ぎ、症例を増やし、多数の経験を積み、学会発表、論文作成を行っていきます。治療に関して未解決な点もまだ残しております。そして白斑の患者さんにはさらに十分な、満足のいく結果を出したいと思っています。白斑の患者の皆さん、私と一緒に白斑を退治しましょう!
 
ページトップへ
お問い合わせは「052-361-0577」まで
八幡クリニック
TEL:052-361-0577 地図を確認する
FAX:052-361-5050
〒454-0031
愛知県名古屋市中川区八幡本通2-24

Copyright(c)2006 Yahata clinic All Rights Reserved.